【ウェルスナビ(WealthNavi)】ポートフォリオを自分で作ると手数料はいくら?10万円から始める初心者向け投資

  • ウェルスナビって手数料って高いの?
  • ウェルスナビの手数料を抑える方法を知りたい
  • ウェルナビってどういう人に向いてるの?

ウェルナビは、自分のリスク許容度と投資金さえ準備すれば、ほぼ自動でリスクを分散した形で投資をしてくれるサービスです

ですが、手数料が年率1%となっており、投資に慣れている方からすると少し高いかな?という印象です

ウェルスナビの概要と実際の投資結果はこちら

この記事ではウェルスナビの投資先である商品をウェルスナビ経由で買い付けるのではなく、自分で買い付けた時の手数料がいくらになるのかを紹介します
その上で、ウェルスナビの手数料が高いのか低いのか、妥当性はあるのか無いのかも紹介します

この記事でわかること
  • ウェルスナビの投資商品ごとの手数料
  • ウェルスナビの投資商品を自分で投資した時の手数料
  • ウェルスナビの手数料の妥当性
  • ウェルスナビが向いている人
うぃる
うぃる

ウェルナビの手数料に関して、懸念を抱いている人の参考になるかも

ウェルスナビ(WealthNavi)のポートフォリオ

そもそもポートフォリオとは

投資におけるポートフォリオとは、投資商品の組み合わせのことを言います

「米国株50% 日本株50%のポートフォリオ」や「株式20% 債券80%のポートフォリオ」など、資産運用に置いて、自分がどの投資商品にいくら投資しているのか、ということを指します

ウェルスナビのポートフォリオ

では、ウェルスナビのポートフォリオはどうなっているのでしょうか

投資商品名概要投資比率
VTI米国全体35.0%
VEA先進国全体32.9%
VWO新興国全体14.6%
AGG米国債券全体5.0%
GLD7.5%
IYR米国不動産5.0%
ポートフォリオ リスク許容度5の時

アルファベット3文字でよくわからないですよね
これは投資商品名のイニシャルをとった略称だと思ってください

ウェルスナビ(WealthNavi)では上記が投資対象になっており、5つのリスク許容度に応じて、それぞれの投資比率が変わります
(※リスクを低くすると、債券商品AGGへの投資比率が増える等)

ウェルスナビでは、ご自身の投資リスクを6つの質問でシミュレーションしてくれるので、気になる方は一度お試しください

無料診断(最短1分・全6問) : WealthNavi
うぃる
うぃる

私はリスク5で10万円だけ投資してみました!

ウェルスナビ(WealthNavi)の銘柄を実際自分で買い付けると

ウェルスナビでは先ほどの6銘柄に投資し、購入・販売等の手数料が年率1%に含まれます
実は、1%とは別で各銘柄ごとの運用手数料も支払う必要があります

先ほどの6銘柄の運用手数料は下記の通りとなります

投資商品名概要投資比率運用手数料
VTI米国全体35.0%0.03%
VEA先進国全体32.9%0.05%
VWO新興国全体14.6%0.10%
AGG米国債券全体5.0%0.04%
GLD7.5%0.40%
IYR米国不動産5.0%0.42%
ウェルスナビの投資商品の運用手数料

仮に10万円の投資をすると想定した時、ウェルスナビ(WealthNavi)の全体の手数料は、1075円ほどとなります

いい人
いい人

大体、1.07%くらい?高いの低いの?

では、同じ商品を自分で買い付けるとどれくらいの手数料になるのでしょうか
下記のように計算してみました!

投資商品名概要投資金額手数料率合計手数料手数料率運用手数料買付手数料為替手数料
VTI米国
全体
35,000円0.28%98円0.03%10.5円0円87.5円
VEA先進国
全体
32,900円0.79%261.55円0.05%16.45円162.85円82.25円
VWO新興国
全体
14,600円0.845%123.37円0.10%14.6円72.27円36.5円
AGG米国債券
全体
5,000円0.785%39.25円0.04%2円24.75円12.5円
GLD7,500円1.145%85.875円0.40%30円37.125円18.75円
IYR米国
不動産
5,000円0.787%39.35円0.42%2.1円24.75円12.5円
合計100,000円0.647%647.395円0.076%75.65円321.745円250円
楽天証券口座で買い付けするとき(1ドル=100円で計算)

自分で対象の商品を買いつける時に、運用手数料とは別で「買付手数料」「為替手数料」が必要となります(計算表右2列)
※証券口座は楽天証券・1ドル=100円を想定し算出

自分で買い付けることを想定した時にかかる手数料を鑑みると、下記のような手数料の違いが出ます

  • 10万円投資のウェルスナビ:1,075円
  • 10万円投資の自分買付  :647円
  • 差額           :428円

年間の運用手数料だけで見ると、ウェルスナビの手数料1%は高い印象でしたが、購入手数料や為替手数料も考えると、手数料差は縮まりました

ただ、自分で同商品を買い付けると手数料を抑えることができるのは事実です
そのため、下記のような方はネット証券を使って同じ商品を購入し投資を初めてみてはいかがでしょうか

  • 手数料を抑えてウェルスナビの分散投資を実現したい方
うぃる
うぃる

全く同じ投資結果にはならないですが、ウェルスナビと同じ分散投資が実現できます

ウェルスナビ(WealthNavi)の手数料の価値&向いている人

手数料1%というと高い基準ですが、その1%が何のサービスに対する手数料なのかを紐解くと手数料率の納得感が上がりませんか?

ウェルスナビでは、買付手数料や為替手数料も込みで手数料1%と設定していますし、その他のサービスもこの手数料1%に含まれています

公式サイトより引用

その他のサービスには、半年に1度ポートフォリオのリバランス面倒な税金処理などがあり、投資に時間をさけない人は、ウェルスナビ側でアレコレ自動でやってくれるため恩恵を受ける部分は多々あるかもしれません

リバランスとは

リバランスとは、簡単に説明すると資産の投資比率を整える行為です
例えば、「株式50%・債券50%」を意識して投資していたとします
投資を進めていく中で、各資産の価値は変動しますよね(毎日株価が変わるイメージ)
変動した資産を元々の「株式50%・債券50%」に調整し直すことをリバランスと言います
これをすることによって、元来想定していてリスクの元で資産運用ができることになります

まとめ

この記事では下記について解説しました

  • ウェルスナビの投資商品ごとの手数料
  • ウェルスナビの投資商品を自分で投資した時の手数料
  • ウェルスナビの手数料の妥当性
  • ウェルスナビが向いている人

ウェルスナビの手数料は1%と高めの設定ですが、自分で同じポートフォリオを形成しようとすると、手数料差は、そこまで大きくありませんでした

また手数料1%の中に、ポートフォリオのリバランスや税金処理なども含まれているため、投資に時間を費やせない方にとっては、「とりあえず投資」としてウェルスナビはおすすめなのでは無いでしょうか!

うぃる
うぃる

銀行に預けるよりも利率が高くなる可能性もあるからね

以上でございます!
この記事が誰かの悩みの解決につながれば嬉しいです
ではまた別の記事でお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました