【投資初心者向け】投資信託の基本知識を解説!つみたてNISAにも活きる!

  • 投資信託って株とどう違うの?
  • 投資信託がよくわからな
  • つみたてNISA始めたいんだけど、投資信託しか選べないらしい(何それ)

この記事では、投資信託の基本的について解説します

長期資産形成で活用すべき制度に、つみたてNISAという制度があります

つみたてNISAは、つみたてNISA口座を開設し、その口座から投資信託を長期で買い付ける制度となります

そのため、つみたてNISAを実施の際は、投資信託の基礎を抑えておいた方が納得感を持って投資ができるかと思います

うぃる
うぃる

投資信託について、できる限り分かりやすく解説していますので最後まで読んでいただけると嬉しいです!

つみたてNISAの詳細はこちら

つみたてNISAの買付方はこちら

投資信託とは?

投資信託とは、投資家からお金を集めて、プロの専門家に預ける。そして専門家が株式や債券に投資・運用する仕組みです

私たち投資家(図:左)がお金を出して、プロ(図:真ん中)に金融商品の運用お任せする
うぃる
うぃる

クラウドファンディングと似てますね

寄付者を募って、資金を集めプロジェクトを進行し寄付者には特典を還元する

投資信託の仕組み上、この「運用の専門家」のことを、ファンドと言います

この「ファンド」が投資信託の銘柄のようなものに当たります

ファンド毎に運営する会社や投資先が国内・海外なのか・株なのか、、、など特色が分かれており投資信託を始める際に、ここが一番悩むポイントです

うぃる
うぃる

例えば、国内株を投資先にしたい場合は、日本株が投資先のファンドを選ぶ必要があります

わかった!でも投資信託を買おうと思うんだけど、ファンド名がよくわからない!

このファンド名のややこしさが投資初心者の方の敵です
実際に楽天証券で人気のファンドTOP5を見てみると、よくわからない名前が並んでいます

私自身、ファンド名が複雑すぎてよくわからず、、、買った投資信託が意図していたものと違ったという経験があります

うぃる
うぃる

安心してください、ちゃんと投資先がどこなのか確認できる場所があります

楽天証券であれば、ファンド毎に詳細情報ページがあり、そこに投資先の詳細の記載があります
今回だとキャプチャの右下に「楽天証券分類 米国株式-為替ヘッジ無し」とあります

ファンド名が長かったりしてよくわからない場合は、投資分類を参考に各ファンドを選んでみてください

※楽天証券では、各投資信託が「どこの地域」の「何に」投資されているかを分類しています

気になる方は下記サイトを参考にしてみてください

楽天証券分類について | 楽天証券

株との違いは?

  • リアルタイムに変動する価格で取引できるか、否か
  • 銀行でも購入できるか、否か
  • 少額でも購入できるか、否か

リアルタイムに変動する価格で取引できるか、否か

投資信託と株の違いの1つ目は、投資信託は上場していないという点です

ん?上場してないとどうなるの?

上場している株式であれば、証券取引所が開いている時間(日本だと9時〜15時30分)に株価がリアルタイムに変動し、自分の希望するタイミング(価格)で株の購入が可能です

投資信託の場合、上場していないため、ファンドが一日の取引を終えた翌日にファンドの価格が分かります

銀行でも購入できるか、否か

株は証券口座経由でしか購入できません
しかし投資信託は銀行の窓口からでも購入が可能です

これは上場の有無による違いです

  • 上場している =取引証券所を通して購入できる=証券会社から購入が必要
  • 上場していない=取引証券所を通さず購入できる=証券会社でなくでも購入可能
うぃる
うぃる

投資信託は銀行でも買付可能という点だけ抑えておきましょう

もちろん証券口座でも買付可能です!

少額でも購入できるか、否か

株を購入しようとすると、株価分のお金が必要です

うぃる
うぃる

例えば、ファーストリテイリングの株を購入する場合、現在の株価88,030円が最低限必要となります

えええ、1株購入するのに88,030円はハードルが高いかも、、、

しかし投資信託であれば、ファンドが投資家から集めたお金をまとめて投資をするため、株価に左右されずに投資が可能です(※現在は最低投資金額が100円〜)

投資家は価格が決まっている株価にお金を出しているのではなく、運用を代行してくれているファンドにお金を出しているため、価格に縛られない買付が可能です

投資信託のメリット

  • 低予算からも買付できる
  • 小さな資金で分散投資ができる

低予算からも買付できる

先ほども解説しましたが、投資信託は株価などに左右されず低予算から始めることができます
楽天証券で投資信託を買付るのであれば、楽天ポイントを使って投資することも可能です

うぃる
うぃる

100円から投資を始められますし、ポイントを使っても始められます

投資信託は開始のハードルは低いですね

小さな資金で分散投資ができる

投資信託は複数の投資家からお金を集めて、複数の資産・銘柄に投資されます

先の通り、投資信託は少額から投資することができますので、投資信託は少額から複数の銘柄に分散して投資することが可能ということです

なんで分散して投資するのがいいの?

分散投資については下記の記事を参考にしてください

投資信託のデメリット

  • 売買のタイミングが自由ではない
  • ファンド数が多すぎて、ぼったくりファンドも存在する

売買のタイミングが自由ではない

株と投資信託の違いでも触れましたが、投資信託はリアルタイムで価格が変動するものではありません
そのため、仮に暴落して評価額が下がっていたとしても、リアルタイムで売ることができません

言い換えると、超短期的な売買には向かない商品となっています

ファンド数が多すぎて、ぼったくりファンドも存在する

一般社団法人投資信託協会調べだと、現在投資信託の数は約5,800本ほどあるそうです

5,800本!?どれがいいのかわからない

うぃる
うぃる

5,800本もありますが、人気のファンドは限られています

変なファンドを選ばないように注意しましょう!

まとめ

この記事では、投資信託とは何かについて解説しました

改めてお伝えしますが、長期の資産運用でオススメしている制度「つみたてNISA」で買付可能な投資商品は投資信託のみとなります

ぜひ、この機会に投資信託とは何かを理解して、資産形成の一助にしてください!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました